サブ3.5失敗の原因を考える 練習不足?オーバーペース?~2013年10月から2014年3月中旬まで~

勝田全国マラソン2014記録 サブ3.5失敗から学ぶ

2013年~2014年シーズンにサブ3.5を達成すべく2013年10月中旬からまた走り始めました。

スポンサーリンク

2013年10月~2014年3月の練習日数と月間走行距離

練習     日数    月間走行距離
10月      7日       約70km
11月    10日     約130km (含ハーフレース2本)
12月    11日     約130km (含ハーフレース1本)
1月        9日     約150km (含フルレース1本)
2月      15日     約200km
3月        5日     約100km (含ハーフレース1本、フルレース1本)

2013年10月~2014年3月のレース結果

このシーズンは1月の勝田全国マラソンと3月の古河はなももマラソン、2つのフルマラソンを目標にしました。

その合間にハーフマラソンを5本、練習と調整もかねて走りました。

 

11月のハーフマラソン     1時間40分台

11月のハーフマラソンその2 1時間37分台

12月のハーフマラソン     1時間35分台

1月の勝田全国マラソン           4時間03分台

3月のハーフマラソン       1時間34分台

3月の古河はなももマラソン    4時間05分台

2013-2014シーズンのハ-フその12013-2014シーズンのハ-フその22013-2014シーズンのハ-フその3勝田全国マラソン2014記録2013-2014シーズンのハ-フその4古河はなももマラソン2014の記録

2013年10月~2014年3月のハーフマラソンについて

2013年5月に出した1時間35分台という自己ベストには及ばなかったものの、

シーズン始めのハーフマラソンで1時間40分台で走り、

その後1時間37分台、1時間35分台

と順調にタイムを短縮し、

3月には1時間34分台を出して自己ベストを更新することができました。

 


しっかり練習してレースに出れば結果もついてきたので、このシーズンのハーフマラソンのレースはとても楽しかった記憶があります。

そして、自分がハーフマラソンで出した記録からフルマラソンのタイムを予測して、フルマラソンのレースにのぞみました…

2013年10月~2014年3月のフルマラソンについて

ハーフマラソンのタイムからフルマラソンのタイムを予測するにはいくつか方法があるようで、ネットや書籍で調べたり、友人に聞いてみたりしました。

 

<紹介>

マラソン/タイム予測ツール | 時計を忘れて走りに行こう

ブログ「時計を忘れて走りに行こう」

 

すると、ハーフマラソン1時間35分程度だとフルマラソンの予想タイムは、

速いもので3時間17分前後

遅いもので3時間31分程度

でした。

なので、目標をサブ3.5に設定し、それを基にペースを考えました。

勝田全国マラソン2014

サブ3.5に必要な平均ペースは、およそキロ5:00

 

この頃、走るたびにハーフマラソンのタイムが伸びていたので天狗になっていた私は

「キロ5:00でいって、途中で余裕があればペースをあげよう。きっとあげられるだろう。」

などというあまい考えでレースにのぞみました。

 

25kmまではキロ5:00を切る5km24分台のペースで行きましたが、

25km以降キロ5:00を超えるようになり、

32km以降はキロ6:00を超え、

35km以降は歩いたり走ったりを繰り返すようになり、

 

結局サブ3.5どころかサブフォー(サブ4)すら達成できませんでした(><)

古河はなももマラソン2014

古河はなももマラソンは勝田全国マラソンの7週間後でした。

 

勝田全国マラソンでは

「キロ5:00でいって、途中で余裕があればペースをあげよう。」

という作戦でのぞんだはずなのに

キロ5:00を切るペースで序盤走ってしまったのがオーバーペースになってしまい途中で失速してしまったのだろう

と考えて、

今回は

「序盤はキロ5:00を切らないペースでいって、途中で余裕があればペースをあげよう。きっとあげられるだろう。」

と考えてレースにのぞみました。

 

勝田全国マラソンで大失敗レースをして、めちゃくちゃ苦しい思いをしたばかりにも関わらず、2週間前のハーフマラソンで自己ベストを更新していたからか、まだまだ天狗は健在でした。

25kmまではキロ5:00を切らないように気を付けながらキロ5:00~5:15程度のペースでいけましたが、その後失速…

どうにかこうにか歩きはしませんでしたが、古河はなももマラソンも勝田全国マラソンと同様、
サブ3.5どころかサブフォー(サブ4)すら達成できませんでした(><)

考えられる失敗の原因

サブ3.5を目指して走った2つのフルマラソンのレースでしたが、とても残念な結果になってしまいました。

 

失敗の原因は1つではないでしょうし、断定はできませんが、いくつか考えられます。

オーバーペース
今の自分の実力や練習量などから考えるとそもそもサブ3.5という目標が高すぎて、キロ5:00という目安のペースが速すぎたのではないか?

練習量不足
両レースとも25km付近でペースが落ち始めているので、そもそも42.195kmを走りきる脚ができていなかったのではないか?

スピード持久力不足
ハーフマラソンを1時間35分で走る力はあったのだからスピードは足りていた。
そのスピードを持続する力が足りなかったのではないか?

疲労が抜けていなかった
古河はなももマラソンに関しては、勝田全国マラソンの7週間後。
そして2週間前にハーフマラソンを全力で走り自己ベスト更新して、疲労が抜けていなかったのではないか?

まとめ

  • ハーフマラソンはフルマラソンに比べて、練習やレースを積むことで結果を出しやすい。
  • フルマラソンはハーフマラソンに比べると、スピード・スタミナ・スピード持久力・疲労などなど、色々な要素があるので練習にも工夫が必要である。

 

 

タイトルとURLをコピーしました