再び走るも怪我に泣かされた勝田全国マラソン2019 ~2014年4月から2019年1月まで~

勝田全国マラソン2019 サブ3.5失敗から学ぶ

2014年3月の古河はなももマラソンで失敗レースをしてしまって以降、マラソンに対するモチベーションが下がってしまい、ほとんど走らなくなってしまいました。

厳密にいうとまったく走っていなかったわけではなく、たまに思い立つとチョコっと走ったり、ガーミンのランニングウォッチを買ってモチベーションを上げてちょっと走ってみたりはしていたのですが、走っても月間50km程度でした。

そんな状態でも、

「ゆくゆくはサブ3.5、サブスリー(サブ3)やってやる」

と、走ってもいないのに考えていました(^▽^;)



そんなこんなで4年たち…

考えてるだけじゃダメだ!

と、当たり前のことにようやく気が付き重い腰を上げ、勝田マラソン2019に挑戦することに決め、2018年5月からまた走り始めました。

スポンサーリンク

2018年5月~2019年1月練習日数と月間走行距離

練習      日数       月間走行距離
5月        6日           約30km
6月        9日           約50km
7月      14日         約130km
8月        6日           約40km
9月        6日           約50km
10月      6日           約60km
11月      5日           約60km
12月      0日                 0km
1月        7日         約120km(含フルレース1本)

2018年5月~2019年1月練習内容やモチベーション

・5月と6月
jogのみ。VO2Max40~42



・7月
モチベーションがアップし、基本キロ7分程度の遅いペースで120分走や90分走を数回実施。

雑誌ランナーズの「1kmちょっぴり頑張る」みたいな記事を読み、

「現時点で自分はどのくらいで1km走れるんだろ?」

と疑問に思い1km全力走を実施した。

出だし勢いよく飛び出したが、500~600mくらいで超苦しくなり失速…結果3:50。

思っていたよりかかったな…

VO2Max40~42



・8月
1回だけ1km全力走を実施。

前回スタートダッシュでオーパーペースになり苦しかったので、速くなりすぎないように気を付けて走ったら前回より遅くなってしまった…

結果3:58

これ以外はjogのみ。

VO2Max43~44



・9月
2.8km+2.8km+2.8kmのビルドアップ走を2回実施した。

1度目はキロ6:00からスタートしてキロ5:00まで、2度目はキロ6:00からスタートしてキロ4:30までペースを上げた。

これ以外はjogのみ。

VO2Max39~43



・10月
10km走を2度実施。

度目はキロ5:30、2度目はキロ5:00

これ以外はjogのみ。

VO2Max44~48

 


・11月
キロ6分ほどで20km走を1回実施。

10kmタイムトライアルを2度実施。

1度目47:01、2度目46:40

これ以外はjogのみ。

VO2Max43~50

 

・12月
月初にギックリ腰を発症…

それほど距離が走れていないのにそこそこ負荷をかけたトレーニングをしたからか?

12月が勝負の月と考えて、ハーフマラソンのレースも2本予定していたのにまったく走れなかった…

(とはいえ、10月11月の月間走行距離が約60kmでは少なすぎる。たとえ怪我をしていなくても12月に納得のいく練習はできていなかっただろう。)

 

・1月
レースまで1ヶ月を切り恐る恐る走り始めた。

キロ6分程度で60~120分走を数回実施。

VO2Max46~50

勝田全国マラソン2019

目標

12月にギックリ腰をやってしまい、レース前1ヶ月で約80kmしか走れていない…

なので、レースに申し込んだ際は目標をサブ3.5と考えていましたが、

「キロ6分で走りきる。あわよくばサブフォー(サブ4)」

下方修正してのぞみました。

(現実はもっともっと遅くしなければいけなかったのですが、またまた考えがあまかった…)

水戸に前泊

夕方の電車で水戸へ向かいました。

特急ではなく節約して快速で(^_^;)

座れたし、まったく疲れませんでした。

水戸へ降り立つと、寒波の影響でしょうか、めちゃくちゃ寒い…

 


駅の目の前に「ココ壱番屋」を発見!


昼ごはん、自宅でレトルトカレー食べたのに、CoCo壱のグランドマザーカレー、大好きなんですよねぇ。

川内優輝選手はレース前日にカレーを食べるとテレビで見たし、まぁいっか!

大坂なおみの全豪オープン決勝を部屋で見るためにテイクアウト。

この日の大坂なおみ、凄かったですね!

最終セット最終ゲーム、仏陀のように悟っているかのようでしたね!!

あれが集中した姿なのでしょうか、顔が明らかに変わっていた(^^;

 


宿は「Youは何しに日本へ?」の指さし旅の二人がよく利用していた「スマイルホテル」にしました。

駅から近くてよかった。


勝田全国マラソンの日だけ朝食時間を特別にしてくれているようです。

そして「応援」してくれているとの事♪


ビジネスホテルなので部屋は決して広くないですが、とても清潔でよかったです。

楽天トラベルで予約して、1泊朝食付き5,400円でした。

コスパいいのではないでしょうか。

部屋では大坂なおみを見て、食事して、シューズにタグを付けたりTシャツにゼッケンを付けたりレースの準備をして、早めに就寝しました。

 

Tシャツにゼッケン付ける時に安全ピンで付けるとTシャツに穴があいちゃいますよね?

これを使うと穴をあけずに付けられるのでとても便利です。

使い捨てではないので一度買えばずっと使えますし。

デザインもハワイっぽくて気に入りました。

 

水戸から勝田までは電車に乗っちゃえば5分なので、勝田全国マラソンに出る際の水戸で前泊はよい選択でした。

レース

キロ6分前後で走り始め、途中何度かトイレに寄るも無理せずキロ6:00前後をキープして22~23km地点まで進みました。

しかし、25km手前で早くも脚があがらなくなりペースが落ちはじめて、30km手前から歩いたり走ったり…

 

あまりの苦しさにもうリタイアしちゃおうかなと3度くらい考えましたが、実際にリタイアしている方が目に入ったら全身ありとあらゆるところが痙攣したりしていて私よりもずっと苦しそう…

歩こうと思えば歩けるのにやめようかなと思っていた自分が恥ずかしくなりゴールまでは行こうと決めました。

 

で、残りの距離全部歩いてしまおうかとも思ったのですが、計算してみたら残りの距離全部歩くと5時間以上かかってしまう。

5時間以内にゴールまで行くためにはキロ9分でいけば大丈夫だったので、必死に歩いたり走ったりを繰り返し何とかゴールへたどり着きました。

 

ネット4時間52分台、グロス4時間56分台

なんとかサブファイブ(サブ5)でゴールできました。

反省点

今回はレースのおよそ2か月前にギックリ腰をやってしまったのでやむを得ない結果かなと思います。



しかし、相変わらず自分の実力を過大評価しているせいで目標タイムが速すぎました。

そのせいでペースが速すぎて25km手前で脚があがらなくなってしまったのではないか?

目標を4時間半までは落とすべきだった。

でも、もしかするとペースを落として入ってもどっちみち25km前後で脚が上がらなくなって、サブファイブ(サブ5)すら達成できなくなってた可能性もありますが…

おまけ

ラスト4~5キロ、私と抜きつ抜かれつのデッドヒート(?)をしていた方が、

いつまでも遅いと思うなよ

と、背中に書かれたTシャツを着ていて、思わず笑ってしまいました(^_^)

いいTシャツ着てるなぁ!(^^)!

 

↓↓↓これでした↓↓↓

いつまでも遅いと思うなよTシャツ画像

 

 

「リクティ」というショップで販売していました!
▼▼▼

リクティ【公式】

 

そして、何よりも安易にリタイアしなくてよかった

記録が思い通りに出なくても、走り切ったという満足感は格別でした♪

タイトルとURLをコピーしました