第5回さいたま国際マラソン(2019)の感想と結果

さいたま国際マラソン2019結果アイキャッチ画像 サブスリー(サブ3)に向けて

12月8日(日)にさいたま国際マラソンに出てきました~♪

さいたま国際マラソンスタート地点画像

スポンサーリンク

さいたま国際マラソン2019 大会について

参加賞など

Tシャツ

さいたま国際マラソンTシャツ画像さいたま国際マラソンTシャツデザイン画像

個人的な感想

質も高くデザインも割といいのでは!?
過去にいただいた参加証のTシャツの中では最高かも

バスタオルと完走メダル

さいたま国際マラソン2019タオル画像さいたま国際マラソン2019メダル画像

個人的な感想

ゴールするとバスタオルを肩からかけてくれて、完走メダルも首にかけてもらえます♪

バスタオルはスポンサーのりそな銀行のものですが、可愛らしいデザインでこれもなかなか使いやすそうでいいかも。

ブースなど

「埼玉うまいもの市場」と称して埼玉名物などのお店が色々あったり、更衣室に向かう途中のあたりに「目白大学のスポーツサポーティング研究部」がやっている無料のマッサージのブースがありました。

無料のマッサージ、私もお世話になりましたが、20分程度かるくほぐしてくれてだいぶ楽になりました♪♪♪
これを無料でやっていただけるのは非常にありがたかったです♪
40分待ちになっていたので「どうしようかな…」と一回素通りして帰りかけましたが、思い直して戻ってやってもらって本当に良かったです。

マッサージ後そのまま帰ってしまいましたが、参加証の中に「埼玉うまいもの市場」の200円の割引券が5枚入っていたので、せっかくだから使えばよかったなぁ…

コース、給水、応援など

さいたま国際マラソンコース画像

コースはほとんどが車で走ったことのある道路だったのですが、車で走った時のイメージ以上にアップダウンがありました💦

でも、道幅もしっかりあるし走りにくいという事はありませんでした。

コースは公式サイト内で動画で紹介されています

コース | さいたま国際マラソン
2019年12月8日(日)に開催される、第5回さいたま国際マラソン兼 マラソングランドチャンピオンシップファイナルチャレンジ~東京2020オリンピック日本代表選手選考競技会~の【公式】サイトです。当サイトではコースマップ、エントリー情報など

 

給水は小まめに用意されていてめちゃくちゃ助かりました!

私のように足がもたなくなって、後半もがき苦しんでいた方にとっては特にありがたかったのではないでしょうか。

ドリンク飲んで「さぁ、行くぞ!」という気持ちになれました。

給水所も机が何個も用意されていてドリンクをとても取りやすかったです。

給水所の方の応援も力になりました♪

 

応援については、大きな大会なのでほとんど途切れることなく応援してくれる人がいて終始励まされました♪

まとめ

個人的にはレース後の無料マッサージ最高の給水に助けられたとても良い大会でした!

「またぜひとも出たい!」と思える大会でしたが、エントリーフィーが15,000円とちょっと高い…

遠くの大会に遠征することを考えれば、それよりは安いし準備などもラクなのでしょうが…

でも、また出たいなぁ♪

さいたま国際マラソン2019の走りについて

レース前の状態

11月から走る回数が増えて「なんかいい感じになってきたなぁ」と実感していました。

 

とはいえ走る回数が増えてまだ1ヶ月…

「そんな簡単にいくもんじゃないだろ」

「でも、いい感じだしもしかしたら…」

「走る回数は増えたけど、長い距離走ってないんだよな…」

などと不安と期待が入り混じった心境でした。

レースでの目標

前半と後半のタイム差が少ないレースになるように、

  • 歩かない
  • 5kmごとのラップを30分以内にまとめるよう意識する
  • 最初の1~2kmはキロ5:40くらいのペースでいって、心拍数が落ち着いてきたら心拍数150以下(可能なら146以下)を目安にレースをすすめる

その結果、自己ベスト(3時間49分台)更新できたら最高♪

とにもかくにも、心拍数を意識して走ってみてどうなるのかを体感して”次につながるレース”にする。

としました!

 

目標を決めた詳細は下記記事にまとめてあります!!

最大心拍数の85%以下で走ってみる!さいたま国際マラソン2019
いよいよ"さいたま国際マラソン2019"までいよいよあと5日となりました! 今期でのサブスリー(サブ3)達成はあきらめたとはいえ、 さいたま国際マラソン 勝田全国マラソン 古河はなももマラソン の3レースを...

ラップタイム

ストップウォッチ画像

ペース 最大心拍-平均心拍(ガーミン)
1km 5:39 160-149
2km 5:48 145-139
3km 5:45 148-136
4km 5:34 141-137
5km 5:23 142-139
6km 5:32 143-139
7km 5:27 152-141
8km 5:25 151-142
9km 13:59 146-118 *ここでトイレ
10km 5:13 148-143
11km 5:20 151-143
12km 5:25 146-140
13km 5:09 153-146
14km 5:28 152-144
15km 5:08 150-143
16km 5:19 149-145
17km 5:28 147-142
18km 5:23 148-144
19km 5:21 147-143
20km 5:33 146-143
21km 5:34 152-144
22km 5:26 154-149
23km 5:40 150-146
24km 5:42 160-147
25km 5:31 152-149
26km 5:47 153-149
27km 5:33 154-150
28km 5:47 160-151
29km 5:49 158-149
30km 5:42 163-152
31km 5:50 155-150
32km 5:44 155-150
33km 5:54 152-148
34km 6:15 154-147
35km 6:08 157-148
36km 6:22 154-147
37km 6:18 154-148
38km 6:28 160-145
39km 6:39 153-145
40km 6:47 155-142
41km 7:23 164-142
42km 6:55 150-143

公式ネットタイム4間14分台

感想

心拍数ゾーンは、ゾーン1で約5分、ゾーン2で約9分、ゾーン3で約17分、ゾーン4で約3時間47分、ゾーン5で約6分でした。

平均心拍:142bpm

最大心拍:164bpm

アクシデント!?

大の画像

レース序盤の早い段階で「小」をもよおしてしまいました。

しばらく我慢して走っていたのですが、

「最後まで我慢できそうにないから早めにすっきりした方がいいか」

と考えて8km過ぎでトイレに並びました。

並んでいたら「大」がもよおしてきて、ここで8分強のロスがありました😢

 

9kmのペースが13:59になっているのはこのためです。

目標は達成できたのか?

心拍数150以下(可能なら146以下)を目安にレースをすすめる

序盤から心拍数150以下を意識して走りました。

ちょこちょこと150を超えることはありましたが、23kmまではおおむね150以下に抑えて走ることができました

24kmで160、28kmで160、30kmで163となってしまいました。

歩かない

34km以降はキロ6分台、41kmのところではキロ7分台にまでペース落ちてしまい、もう何時歩いてもおかしくない状態が続きましたが、なんとか意地で歩かずに完走しました!

勝田全国マラソン2014と勝田全国マラソン2019では歩いてしまったので、クセになってしまうと思い、必死に歩くのを我慢しました😅

5kmごとのラップを30分以内

34km以降は全てキロ6分以上かかっているので、5kmごとのラップを全て30分以内で走りきることはできませんでした。

前半と後半のタイム差が少ないレース

前半が2時間4分台

後半が2時間9分台

なので、約5分 後半より前半が速い

という結果になりました。

 

過去の大会では、

東京2013 約9分 後半より前半が速い。

勝田2014 約37分 後半より前半が速い。

古河2014 約29分 後半より前半が速い。

勝田2019 約42分 後半より前半が速い。

だったので、よりイーブンペースに近づいたように見えますが、これは8km過ぎでトイレに行ったから…

 

トイレで約13分ロスしているので、前半13分速かったと単純計算で考えると、

約18分 後半より前半が速い

となります。

自己ベスト(3時間49分台)更新

ネットタイム4時間14分台

なので遠く及ばずでした…

まとめ

今回心拍数を意識して走ってみて、おおむね予定通りいけたのでオーバーペースというわけではなかったと考えています。

それなのに30km付近から脚が重くなり始め、34km以降はキロ6分台、41kmでは7分台にまでペース落ちてしまったのは、明らかに脚ができていないのが原因かと思われます。

 

最近コツコツ走れるようになってきたとはいってもまだ1ヶ月程度。

脚ができるのにはまだまだ時間が必要なのでしょう。

次の勝田全国マラソン、その先の古河はなももマラソン、来期のサブスリーに向けてコツコツ走り続けようと思います。

 

で、なんとなくですが今回試した心拍数をもとにレースを走るというのはあながち間違ってはいないのかなと感じましたので、次の勝田全国マラソンでも同じ作戦で走ってみます!

走力が上がれば足がもつ距離が長くなって、同じ心拍数でもペースは自然と上がるのかなと

トイレ対策

トイレ画像

シモの話になってしまいスミマセン。

 

これでフルマラソン5回目の挑戦だったのですが、5回全て途中でトイレに入っています。

東京2013では「小」1回

勝田2014では「大」1回

古河2014では「小」1回

勝田2019では「小」3~4回

さいたま国際2019「大」1回

 

全レース、会場についたら小まめにトイレにいってレース直前にも「小」は済ませています。

なので、「小」はもうこれ以上対策しようがないですかね。

あとはレース前に飲むものを「水」ではなく「OS1」にするとかですかね。

 

問題は「大」の方なんですよね。

「大」は普段は割と朝の決まった時間に済ませているのですが、大会当日になるとなぜかレース前までに済ませられないことが多いんですよね。

今回もレース前にトイレに行って「大」を試みたのですが、「スッキリ!」とはいきませんでした…

何かいい対策方法ないかな~

タイトルとURLをコピーしました